FC2ブログ

お誕生会

 今日は、10月生まれの子どもたちのお誕生会でした。
5人のお友だちがステージに上がって、お祝いをしてもらいました。

 5人の子どもたちの大きくなったらなりたいものは、
「仮面ライダー」「スーパーおおぞらの運転手さん」「看護士さん」「プリキュア」
「お母さんみたいに大きくなって料理をしたい」そうです。
 それぞれの個性があらわれています。

 みんなの夢が叶いますように・・・。
CIMG1028.jpg

 先生たちからのプレゼントは、おゆうぎメドレーでした。
11月7日に行うおゆうぎ会よりひとあし早く、先生たちが全部のおゆうぎとオペレッタを踊りました。
子どもたちは、驚いた様子で見ていました。
お部屋に戻ってからは、「先生上手だったよ」「ちょっと間違えてたね」と感想を聞かせてくれました。
先生たちもいっしょうけんめい覚えましたが、子どもたちもみんな自信を持って踊り取り組んでいます。
 おゆうぎ会が楽しみです。

 今日のおやつを見て「秋の味覚だね」と表現した子どもがいました。
まさに秋ならではの美味しいおやつ。スイートポテトとおせんべいでした。

 10月も残り少なくなってきました。10月は、カトリックではロザリオの月。
子どもたちは毎日、世界の平和のためにお祈りしています。
みんなのお母様マリア様にとりつぎをお願いしています。
そして、祈りの花束、ロザリオがもうすぐ完成します。

おゆうぎ会に向けて練習中

 11月7日のおゆうぎ会に向けて、ただいま練習真っ最中です。
先週は、休園だったため練習ができず、今週は毎日ステージでの練習を行っています。
今までは、お部屋での練習が多かったため自分の出演するおゆうぎ以外は見る機会がありませんでした。
今週になって、ステージ練習をしていると、他のおゆうぎの子どもたちもお客さんになって見て、拍手をしてくれます。踊っている子どもたちも、応援、拍手があると更にがんばっています。
お互いに拍手をしたり「上手だね」とほめあったり、ほほえましい光景です。

 来週にはおゆうぎ会のリハーサルがあります。衣装をつけて本番のように踊ります。
子どもたちも楽しみにしています。


 先週の鹿くんは新聞によるといろいろな所に立ち寄りながらも、無事に湿原に帰ったようですね。
聖母幼稚園にも遊びに来てくれて光栄です。
子どもたちに鹿が来たことを話すと、驚いている子どもや、「新聞で見たよ」と話す子どももいました。
 木の枝を見せて、「こんな角だったんだよ~」というと「え~!」と驚く子どもたち。
 「フェンスを飛び越えたんだよ」というと「え~!!」と再び驚く子どもたち。

 本物を見せてあげたかったです。

鹿がやってきた!

 昨日から、聖母幼稚園は休園しています。
インフルエンザのためです。
新聞等で学年閉鎖、学校閉鎖の記事を目にするたび、「幼稚園は大丈夫かな」
と心配していました。紅茶でのうがいを行ったり、手洗いをしていても これだけ流行っていたら
防ぐことはなかなか難しいようです。
 インフルエンザにかかった園児は、薬を飲むと熱も下がり、食欲もでてきましたとの連絡を受けて一安心しています。

 早く子どもたちが元気に登園できるように祈っています。

 今朝は、職員が朝のお祈りをしていると、警察の方らしき声が・・・聞こえてきました。
でも、私たちは目をつぶってお祈りしているので、「スピード違反で注意をうけているのかな」と思いつつ、祈りを続けました。
 お祈りが終わって目を開けると、幼稚園の園庭や車道にパトカーが3台も停まっていました。
なにごとかと思いよーく見てみると、なんと立派な角の鹿が2頭 園庭にいるではありませんか。
一瞬「ここは、阿寒?」と錯覚してしまうほどの驚きでした。
パトカーに追い詰められた鹿くんは、しばらくたたずんでいましたが、身の危険を感じたのか、教会の庭のマリア様に助けを求めるかのように、マリア様のご像の方へ逃げていきました。
マリア様も驚いたことでしょう。その後、鹿くんは、高さ1メートルほどのフェンスを軽々と飛び越え駒場方面へ走っていきました。
その数分後、犬を散歩させている女性があわてて走って教会の門のところに隠れていました。
その後を、さっきの鹿くん2頭が今度は青葉小学校方面に逃げていきました。

 鹿くんたちは無事に山に帰ることができたのでしょうか?
この光景を子どもたちにも見せたかったな~とのんきなことを思ってしまいました。

 

 

体験入園

 昨日は、体験入園を行いました。
たくさんの子どもたちが来てくれました。
ホールで「運動あそび」をしました。
最後には、メダルをもらって嬉しそうな子どもたちでした。
 園児と一緒に外遊びを楽しんで、一緒にお集まりも体験しました。
園児のお祈りする姿をじっと見つめる子どももいました。
手を合わせて祈っている姿を見るのは、初めての子どもたちも多かったと思います。

 
 聖母幼稚園は、カトリックの幼稚園ですので、毎日お祈りをします。
毎日する祈りは、「主の祈り」と「聖母マリアへの祈り」があります。
言葉は難しいのですが、子どもたちは少しずつ覚えていきます。
縦割り保育なので、お兄さん、お姉さんが祈る言葉を聞きながらBCさんも覚えていきます。
祈りとは、「目には見えない神様とお話しすることよ」と子どもたちに話しています。
晴れの日は、「神さま、晴れた天気をありがとうございます」
雨の日には、「神さま、今日は 雨をありがとうございます。木や葉や虫も喜んでいます」
など お祈りします。
「祈り」というと、ついついお願い事が多くなりがちですが、一番大切なのは、
「感謝の気持ち」だと思っています。

 聖母幼稚園では、「ありがとう」の言葉を大切にしています。
子どもも先生も 何かしてもらったときは、自然に「ありがとう」と言います。
 
 神さま いつもお守りくださいましてありがとうございます。
 
 

おにぎりデー

 今日は、おにぎりデーでした。
世界中のおなかをすかせている子どもたちのために毎年、行っています。
この日のお弁当は、おにぎり1個。中身は何も入れないか、梅、おかか。
今日は、いつものおかずや果物を我慢して、おかずや果物の分をお金に換算して、献金していただきました。
 おにぎりデー前日は、スライドを見ました。このスライドに出てくる女の子は、貧しい国の子どもたちのために、おこづかいを貯めていました。その女の子は、とても嬉しそうで幸せそうでした。園児にも その気持ちを感じてほしいと思っています。

 今日の預かり保育の子どもたちも、いつもよりおやつの数を1つ減らしていました。「どうして?」と聞くと「今日は、おにぎりデーだから、おやつも我慢したんだよ」と教えてくれました。

 バザーの準備のため集っていたお母様方のほとんどが、おにぎりを食べていらっしゃいました。
お母様方も おにぎりデーのようでした。

 日頃、私たちは食べ物を我慢する体験が少ないので、このような機会を通して、食べ物の大切さ、感謝する気持ち、食べられない人たちのことを思うことができると思います。子どもたちができる小さな犠牲と我慢です。
 今月は、カトリックではロザリオの月。子どもたちは、毎日世界の平和のためにマリア様からの
とりつぎをお願いしています。  
09 | 2009/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

釧路聖母幼稚園

Author:釧路聖母幼稚園
釧路聖母幼稚園「スタッフだより」へようこそ!

リンク
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
訪問者カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索